イミダペプチド 日本予防医薬 評判イミダペプチド 日本予防医薬 販売店イミダペプチド 日本予防医薬 980円イミダペプチド 日本予防医薬 うめ味イミダペプチド 日本予防医薬 84

イミダペプチド 日本予防医薬 評判イミダペプチド 日本予防医薬 販売店

イミダペプチド 日本予防医薬 評判イミダペプチド 日本予防医薬 販売店

イミダペプチド 日本予防医薬 評判イミダペプチド 日本予防医薬 販売店

⇒イミダペプチド 日本予防医薬 販売店

 

イミダペプチドは、正式名称をイミダゾールジペプチドと言い、イミダゾール基をもつアミノ酸結合体の総称(アミノ酸がふたつ結合したもの)です。アミノ酸の結合の仕方で、アンセリンカルノシン、バレニンなどの種類に分けられます。

イミダペプチドには高い抗疲労効果が認められている

大阪市大阪市立大学、食品メーカーをはじめとする18社の企業のプロジェクトで行った臨床試験において、イミダペプチドは高い抗疲労効果があることが確認されています。

イミダペプチドは、渡り鳥や回遊魚など、長時間連続して動き続ける生物の特に酷使する部分多く含まれていますが、このような動物が長時間動き続けていられるのはイミダペプチドの働きによるものと考えられています。

イミダペプチドが疲労に作用するメカニズム

では、イミダペプチドはどのように疲労に作用するのでしょうか。そこには、イミダペプチドがもつ抗酸化作用が関係しています。

ヒトを含む多くの生き物は、生きている中で常に酸素を消費しています。この酸素の一部は消費される過程で活性酸素に変換されますが、本来、活性酸素はすみやかに体内で処理されます。しかし、過度に活動すると大量に活性酸素が発生し、処理しきれずに残ってしまいます。この過剰な活性酸素は細胞にダメージを与え、それによって、疲労や能率低下が起こります。さらに、その情報が脳の疲労中枢に伝わることで、「疲労感」として自覚するのです。イミダペプチドは、この活性酸素を抑えて細胞へのダメージを予防し、疲労の発生を抑えたり、疲労を回復するとされています。

イミダペプチドを効果的に摂取するには?

イミダペプチドは人間の骨格筋や脳にも豊富に存在しています。しかし、加齢とともに減少し、30歳から70歳にかけては体内濃度が3分の1にもなるといわれています。そのため、外部から補うことが望まれます。

食物から摂取する

イミダペプチドの疲労回復効果を十分に得るためには、1日200mg、2週間以上摂取する必要があるとされています。イミダペプチドが特に多く含まれている食材が鶏の胸肉。鶏胸肉のおよそ100gにイミダペプチドが200mg含まれています。30分ほど煮込めば、スープにイミダペプチドが抽出されるので、煮込んだスープごと食べるのがおすすめです。そのほか、豚ロースや豚もも、カツオなどにも多く含まれています。

サプリメントを利用

イミダペプチドが含まれる食べ物を定期的に摂ることが難しい場合は、高濃度のイミダペプチドを配合したイミダペプチド飲料やサプリメントを活用するというのもひとつの方法です。ビタミンCなど他の抗酸化成分と一緒に摂ると、より効果が期待できます。


研究費総額15億円!産官学連携プロジェクトから誕生した元気ドリンク!

≪こんな方へ≫
ニンニク、黒酢高麗人参、すっぽん、いろいろ試してみてもへとへとな方へ。

□へとへとを本気でなんとかしたいと考えている方
□へとひとを一時的に誤魔化して済ませたくない方

≪あなたは勘違いをしていませんか!?≫
へとへとの原因は栄養不足ではありません。

それはズバリ「活性酸素」なんです!

“産官学連携プロジェクト”が元気の源とイメージされる23種類もの食品成分を検証して、最も高いパフォーマンスを示したのが、鳥胸肉に含まれる”イミダペプチド成分”でした。

イミダペプチド成分”を手軽に摂取可能にしたのが「イミダペプチド」ドリンクです。

“産官学連携プロジェクト”から誕生したイミダペプチド製品は、日本予防医薬の「イミダペプチド」ドリンクだけです。

【体験談(口コミ)】

ご愛用者の94%が実感!
うち34%が”とてもよく実感した”と回答しています。

「長年悩まされていたへとへとから解放された。」

「毎朝『イミダペプチド』を飲まないと1日が始まらない気がする。」

「いままでは寝てばかりだった週末に外出するのが楽しみになった。」

※体験には個人差があります。

【お試しキャンペーン特別価格】

初回限定 約63%OFF!
通常価格2,680円(税込)→特別価格980円(税込)

イミダペプチドって何?
イミダペプチドは、渡り鳥だけでなく様々な動物が元々もっている成分です。動物の体内の最も酷使する部分に豊富に存在し、ヘトヘトにならないよう助ける働きをもっています。鳥類ですと胸肉の部分、マグロやカツオなどの魚類は尾びれの部分に豊富に含まれています。もちろん人間にも存在し、骨格筋や脳の部分に豊富に含まれているということが近年の研究で分かってきました。
私たちのカラダにもイミダペプチドは必要なの?
私たちのカラダの骨格筋や脳にイミダペプチドは豊富に存在し、カラダをいろいろなヘトヘトから守っています。でも、歳とともにイミダペプチドをつくる力は落ちていくのが現実です。さらに、イミダペプチドは主に食事の中の肉類の摂取によって補われているものですが、年齢とともに若いころより肉類を食べなくなるなど、食生活の変化も加わり、体内濃度が減っていく傾向があります。だからこそ継続してイミダペプチドを摂取して体内濃度を若いころのように高めることが大切なのです。
イミダペプチドはどうサポートしてくれるの?
イミダペプチドはどうサポートしてくれるの?
そもそもイミダペプチドアミノ酸2つが結合してできた分子量の小さな「ジペプチド」と呼ばれるものです。私たちのカラダはとても合理的にできていて、イミダペプチドをとると、まず2つのアミノ酸に分解されます。そしてそれがヘトヘトのケアが必要な場所に来ると、合成酵素により、またイミダペプチドに再合成されてヘトヘトに働きかけるのです!だから、他の物質と違いピンポイントでヘトヘトにアタックしてくれるのです!1日の推奨量は200~400㎎、ヘトヘトになった時だけではなく毎日継続して20日間以上は摂取することをお奨めしております。
毎日鶏肉を食べるのは大変!でも、イミダペプチド飲料には、1本30mlに200mg配合されています。
毎日鶏肉を食べるのは大変!でも、イミダペプチド飲料には、1本30mlにイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が200mg配合されています。

目的に合わせてより安心なものを選べる機能性表示食品制度
機能性表示食品の位置づけ これまで、商品のパッケージなどに機能性の表示が認められていたのは「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品では、たとえ科学的根拠(エビデンス)があっても、機能性や効果があるとされる体の部位を表示することはできませんでした。
しかし、健康意識が高まって多くの商品があふれる中、機能性表示に関してのルールを見直し、消費者が自分に合った商品を選びやすくするため、2015年4月より「機能性表示食品」制度が開始されました。
この制度は、企業などの事業者が国の定めた一定のルールに基づいて商品の評価を行い、消費者庁に届け出をすることで、機能性表示が認められるものです。
届け出が受理されれば、これまで特定保健用食品(トクホ)でしか表記できなかった「お腹の調子を整えます」とか「脂肪の吸収をおだやかにします」といった、体のどの部位にどのように作用するかを表示できるようになったのです。
厳しい条件をクリアしたイミダペプチドドリンク
機能性表示食品の届け出に必要なこと 消費者庁への届け出は、簡単なものではありません。
機能性表示食品としての十分な根拠を示すため、製品の機能性や安全性について信頼度の高い論文の提出が必要となります。
また、生産・製造する過程での品質管理の徹底や、万が一の健康被害を未然に防ぐための情報収集体制の整備など、いくつかの厳しい条件を満たさなければなりません。
イミダペプチドドリンクは、そういったさまざまな条件をクリアして機能性表示食品となりました。
パッケージに表示された「機能性表示食品」の文字は、身体的な疲労軽減効果の科学的な根拠や人体への安全性、そして、日本予防医薬がお客様の信頼にお応えできるということの証なのです。

 

⇒イミダペプチド 日本予防医薬 販売店